無病息災を願って七草粥を食べるという風習がある

日本の風習にもいろいろなものがあります。年末年始はおせち料理を食べたり、いろいろと豪華な御馳走が並んでいたりします。こういうものを食べすぎたり飲みすぎたりすることも出てくるでしょう。

正月から一週間経つと重たい食事に飽き飽きしてきますので、こういうタイミングで薬草が入った七草粥を食べることで、胃腸にも良かったりします。ここではこういう時期に七草粥をなぜ食べるのかなどについて紹介します。

新年の1月7日になぜ七草粥を食べるのか?

七草粥は新年の1月7日の朝に食べるといいということが言われています。七草粥は栄養満点な食べ物ではあるわけですが、なぜこの時期に食べる必要があるのかと言うと、年末年始に食べすぎることが多く、負担をかけている胃腸を和らげるという意味があるからです。その他にも野菜が乏しくなってしまう時期に不足しがちな栄養素を補給するという意味もあります。

確かに上記に記載したことも理由の一つではありますが、一番の理由としては無病息災を願って食べるという風習があるからです。無病息災とは病気をせずに1年間何事もなく暮らしていくことを言います。

七草と呼ばれる薬草を入れておかゆとして食べることで邪気を払うという言い伝えに則って、現在も受け継がれています。すでに平安時代には七草を入れておかゆを食べるという風習があって、江戸時代に七草粥と言うことで広く定着してきたわけです。

おかゆに入れる七草とはどういうものなのか?

七草粥に入れる七草は1月6日までにすべてそろえる必要がありますが、現在ではスーパーなどで七草のセットが販売してありますので、それを利用しておかゆに入れればすぐに食べることができます。全体的な効能としては何といっても胃腸の調子を整えて食欲を増進させる効果ではないでしょうか。そのほかにもデトックス作用や美容効果、風邪予防などにも効果的です。

具体的な七草の種類は、セリやナズナ(ペンペン草)、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ(大根)の7種類で、どの薬草にしても栄養バランスに優れたものばかりです。スズシロと聞くと馴染みがないかもしれませんが、大根だと分かれば皆さんも馴染みがあるのではないでしょうか。

冬場で新鮮な野菜が容易に手に入らなかった時代であれば、ビタミンなどの補給のために重宝されていました。